スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低身長症とは?子供の身長と成長

子供の成長では毎日育っているかというのが
ご両親の気になるところだと思います。

子供の身長では低身長症というものがあって、
病気ではないものの最終的な身長が平均より離れているという
症状が出る場合もあります。

多くの場合が定期健診の身長測定で伸びが悪い場合に
専門家の方から精密検査を勧められます。

低身長症の主な原因は成長ホルモンの分泌量の少なさに
あると言われています。

成長ホルモンは寝ている時に活発に分泌されますが、
成長ホルモンの出がよくない子供は寝つきもあまりよくない場合も
あるそうです。


低身長症の医療治療では主に成長ホルモンの注射に
なるようですがこの注射がなかなか高額なようです。


保護者の中にもそのままの身長でいいと気にしない方もいますし、
反対に身長は子供の頃に伸ばす機会があるのでできる限りのことは
するという方などいろいろな方がいます。

こういう場合はやはり専門家の方に相談するのが一番ですね。

他の子供はどういう対応をしているのかなどアドバイスを
もらえるはずです。




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。