スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低身長症とは?子供の身長と成長

子供の成長では毎日育っているかというのが
ご両親の気になるところだと思います。

子供の身長では低身長症というものがあって、
病気ではないものの最終的な身長が平均より離れているという
症状が出る場合もあります。

多くの場合が定期健診の身長測定で伸びが悪い場合に
専門家の方から精密検査を勧められます。

低身長症の主な原因は成長ホルモンの分泌量の少なさに
あると言われています。

成長ホルモンは寝ている時に活発に分泌されますが、
成長ホルモンの出がよくない子供は寝つきもあまりよくない場合も
あるそうです。


低身長症の医療治療では主に成長ホルモンの注射に
なるようですがこの注射がなかなか高額なようです。


保護者の中にもそのままの身長でいいと気にしない方もいますし、
反対に身長は子供の頃に伸ばす機会があるのでできる限りのことは
するという方などいろいろな方がいます。

こういう場合はやはり専門家の方に相談するのが一番ですね。

他の子供はどういう対応をしているのかなどアドバイスを
もらえるはずです。




小さい頃から英語に馴染むと役立つ

人はできるだけ小さな頃に触れたものは
飲み込みが良いと言われています。

英語は中学生以降は必須科目になるにも関わらず、
中学生はではなかなか触れる機会のない教科でもありますね。

小さい頃に英語の絵本を読んでおくだけでも
ずいぶん違います。

子供の肥満について

昔、今に関わらず肥満になる子供はいます。

肥満になると成長が早まってしまう場合があります。

成長期が早くに訪れるとそれまでの身長の伸びる期間が
短くなるとも言われています。

■子供の肥満予防

子供は遊んでいれば肥満になることはあまりないと思いますが、
最近は外で遊ぶ場所や機会がなくなっているのも事実です。

食べた後に自分でお皿を運ばせるとかお手伝いさせるとか
そういうことで子供を運動させましょう。

■遅くに食事をしない

肥満になりやすい原因は夜遅くの食事です。

夕方に食べてそれ以降には食べない方がいいと思います。

人間の機能は寝る直前が一番衰えている状況と言われています。


赤ちゃんにマッサージで免疫力が高まる

赤ちゃんにマッサージをしてあげると
血行がよくなることと安心することで
免疫力が高まるそうです。

赤ちゃんのお世話をする専門家の方も赤ちゃんに
マッサージをしてあげたりコミュニケーションを
取っているんだそうです。

赤ちゃんにとっても気づいた頃からすごく身近に
両親がいると感じると安心して生きていけますね。


赤ちゃんがおお腹の中にいる時から話しかけていると
言葉を覚えるのが早い?!ということも聞いたことがありますが、
個人差があるようですね。

野菜嫌いな子供には分からないように小さくして

子供なら野菜嫌いな子がたくさんいると思います。

しかし体を作る時期の大事な期間ですから野菜は
必要な食べ物ですね。

野菜が嫌いな子供には小さく切り刻んだり、
ミキサーで細かくして料理の中に入れると
気づかないまま食べることが多いです。

子供はどうしても野菜を拒否してしまう場合が多いです。

ちょっとでも野菜と気づいてしまうと絶対に食べないー
なんて場合もありますね。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。